PC-98エミュレータ

PC-98 システムディスクの作成

更新日:


PC-98のエミュレータを使用していますが

ゲームによっては起動ディスクを作成する必要があります。

主にハードディスクにインストールする必要のあるゲームは

すべて起動ディスクを入れてからの、インストールになります。

最近物忘れが激しいので、自分用の備忘録で記事を書きます。

まず、フロッピーディスクを初期化してPC-98で使用できるようにします。

フロッピーディスクの初期化は「FORMAT ドライブ名」で、

フォーマットしたいドライブ名を指定して実行します。

オプションとして「/S」というものがあり、これも併記するとそのディスクから

DOSが起動できるように、システムファイルというものを初期化終了後に

自動転送してくれます。

M S - D O S のシステムを転送するようにオプションをつけてみましょう。

F OR M A T B :/ Sと入力します。

新しいディスクをドライブB に挿入し、どれかキーを押して下さい。

システムを転送するとアンフォーマットできなくなります。

フォーマットを続けますか( Y / N )ここで、Y を入力します。

フォーマット中です。

ここで、転送されたシステムファイルは、COMMAND.COM、

MSDOS.SYS、IO. SYSの3 つです。

これらのシステムファイルは隠しファイルになっているので、通常では

表示されていません。

表示する方法は、

ファイル表示オプションの「隠しファイルを表示する」にチェックを入れます。

すると、隠れていたファイルが表示されます。



-PC-98エミュレータ

Copyright© コーエー レトロゲーム館 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.