3DS版 信長の野望

3DS版 信長の野望2

更新日:


 

コーエーでは三国志シリーズと並んで根強い人気の信長の野望シリーズ。

今回は3DS版 信長の野望のレポートをします。

信長の野望3DSとは、2013年にコーエーテクモゲームスから発売されたニンテンドー3DS用の歴史シミュレーションゲームで、

DS版信長の野望2(2008)の移植作品です。

ゲームの設計は、90年代に発売され数々のリメイクが行われたシリーズの人気タイトル「信長の野望 武将風雲録」をベースとしています。

舞台は16世紀日本の戦国~安土桃山時代。

プレイヤーはスタートする年号(シナリオ)とプレイする大名家を選択してゲームを開始し、

内政や外交、合戦を繰り返して全国統一を目指します。信長の野望3DSには政治力、戦闘力などの能力が割り振られた約650人の

戦国武将が収録され、有能な配下を従えることでシナリオを有利に進めることが出来ます。

信長の野望3DSの特長

■シナリオ

通常シナリオとして、戦国の動乱(1555年)、飛躍の時(1561年)、天下布武(1567年)、信長包囲網(1571年)、手取川合戦(1577年)、

覇王の後継者(1582年)を収録するほか、オリジナルシナリオの群雄集結(1557年/架空の時代設定で、

世代をまたいだ主要な戦国武将・大名が同時代に割拠します)、隠しシナリオとして夢幻大転封(1572)、

信玄上洛(1573年)、本能寺の変(1582年)などが特定条件下で出現します。またダウンロード配信で追加シナリオを購入できます。

■内政と合戦

内政では農・工・商業のほか技術や文化を高めることによって金山の発掘や鉄砲の製造などを行うことが出来、

国が潤えばその後の合戦を有利に進められます。

合戦は兵を携えた武将ユニットを配置してマス目を移動する戦略シミュレーション。

足軽、弓、騎馬隊などの相性のほか、鉄砲隊の「三段構え」など大名家に固有の戦術が用意されダイナミックな合戦を展開します。

武将エディット

100人の新武将を登録可能。

また本作では「史実武将編集」機能が搭載され、パラメータを思いのままに変更することが出来ます。

(特定モードクリアの条件付)

■信長の野望3DSのユーザー評価

武将風雲録(1990)のリメイクです。

戦術、技法などの新要素が加わり合戦がより戦略的になりました。

今作は兵力差で圧倒するだけでなく、不利な戦況でも逆転が可能なゲーム性がオリジナルファンからも評価されています。

ただ残念ながら3DS版 信長の野望2と同じで、DS版とほぼ同じという印象です。

参考に「3DS版」と「DS」版の画像の比較をしていきます。



 



 



 



 



 

ただ元となった武将風雲録は、シリーズの中でもⅤと並びとくに人気が高いタイトルで、オリジネル要素などが

追加されていたのでさらに進化していて良い感じだと思います!

 




-3DS版 信長の野望

Copyright© コーエー レトロゲーム館 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.